介護職で派遣として働くメリット・デメリットは?

男性を介護する女性

みなさんの思い浮かべる介護職と言えば、施設での仕事だと思います。

その施設によって、働く条件や仕事内容は大きく変わってきます。

「派遣」の介護職であれば、さまざまな施設を一定の期間で渡り歩くことができて、介護の経験を積むこともできますし、自分にあった職場をさがすこともできます。

この記事ではそもそも介護士とは、という基礎の知識から、派遣として働くことのメリット、そしてデメリットについてお伝えします!

介護職には良くないイメージがつきまとう

介護士の仕事には「給料が少ない」「仕事がキツい」「休みがほとんどない」といったマイナスのイメージがありますよね。

そのような周りの評判から、介護業界で働くことに不安を感じるというような方も少なくありません。

しかし、介護の仕事は非常にやりがいがある職業でもあるんです。

さらには最近、少子高齢化によって介護のサービスを受ける人が大幅に増え、介護士が不足するというケースが目立っているようです。

そのおかげで、就職、転職がし易い業界にもなっています。

自分の希望に合わない職場なら、すぐに変えてしまうのも一つの手です。

介護施設は日に日に増え続けていて、仕事が見つからないということはそうそうありません。

正社員として働くのが一番良いという時代の終わり

もし転職しようと思った場合、「正社員として働くのが一番安心」「正社員なら安定しているはずだ」と、正社員に注目する方が多いと思います。

しかし、いまや正社員として働いていてもブラック企業や突然の倒産などもありますので安心はできません。

契約社員やパートやアルバイトといった、非正規雇用として働くという選択肢もありますよ。

これらの働き方は、現在どんどん拡大していて、制度もどんどん充実していっています。

中には「正社員以上に稼いでいる非正社員」というものも、もちろん存在します。

その非正規雇用の中でも最近は「派遣社員」という働き方が一番効率良いと話題なんです。

護職で派遣社員として働くメリット

介護職の場合、派遣として働くと一番効率がいいと話題ですが、どうしてそのように言われているのでしょうか?

非正規の社員としてはたらくメリットには、以下のようなことがあります。

  • シフトの融通がききやすい
  • 正社員よりもお金を稼げる可能性が高い

これらについて詳しく説明していきます。

【メリット1】シフトの融通がききやすい

1つ目のメリットは正社員に比べて自由にシフトが組みやすいという点です。

正社員として介護の職場で働く場合、週5回の労働に加えて、月に何回かの夜勤や残業、また、日直の仕事などがあります。

シフトの希望が出せる職場もありますが、大抵は施設長などがシフトを決めるようになっています

よほどの理由がない限りシフトを自分の希望通りに調整するということは難しい場合が多いです。

しかし、非正規であれば自分の思うようなシフトを組める可能性が高いです。

基本的に夜勤や残業なども強制されません。

直接雇用とは違うため無理に残業させると労働者派遣法に引っかかってしまうのです。

法律によって守られているので安心なのです。

【メリット2】正社員よりもお金を稼げる可能性が高い

2つ目のメリットは正社員よりもお金を稼げる可能性が高いという点です。

もちろん、働き方にもよりますが、正社員の場合には介護職でよく言われる「サービス残業」であったり、「激務」というものがあります。

それらのリスクが、派遣として働いている場合はないのです。

また、派遣の待遇の良さの原因は、正社員の離職率にもあります。

介護職は出入りの激しい職種ですので、急に人材がいなくなってしまう可能性があります。

施設にいる人数が減ると、介護保険制度をクリアすることが出来ず、介護報酬が減額、最悪の場合廃業となる確率もあるのです。

そのため最後の手段として派遣社員を募集するようになります。

そんな派遣の方々にやめさせるわけには行かないので、派遣会社が払っている給料も高くなっています。

介護職で派遣社員として働くデメリット

派遣社員にはデメリットもあります。

それは、契約期間というものが存在するということです。

契約社員と同様に有期雇用とるのです。

正社員のように退職、あるいはクビになるまでずっと働くことができるというものではありません。

基本的に派遣社員の契約期間は1ヶ月単位で定められていますが、会社によっては3ヶ月や半年というような期間もあります。

人手が集まり、非正規の社員に依頼する理由がなくなった時には契約が切られると考えておいたほうが良いかもしれません。

管理職につきづらい

知識や経験などが充実していたとしても組織内で管理職につきづらいという点もデメリットになります。

期間限定の人材に管理職になられても頼りにならない、施設側からしたらそのような思いがあるのでしょう。

昇級などがない場合が多く、いつまでもやりがいや成長意欲が感じられないまま、きつい仕事を依頼されるといった事態に陥る可能性もあります。

しかし、場合によっては、手当などで実質的に昇給することはあります。

派遣社員も働き方の一つ!

介護派遣職のメリットとデメリットを紹介しました。転職をするとなると正社員に注目しがちですが、意外といいですよね。

とくに資格を持っていない状態から介護職につこうと考えている場合、初めの給料は正社員だろうと安くなりがちなので、非正規社員として働くことがおすすめです。

普段マイナスのイメージがある介護職。

非正規社員、正社員どちらで働くにしても悩みや問題点なども多くあると思います。

しかし、一番大事なことは自分に合った環境で仕事をすることです。

まわりと比べたり、周りの評価に流される必要はありません。

色々検討をして自分に合った職場を見つけましょう!

介護派遣会社比較特集
口コミなどの評価を含めた総合評価のランキング!これに登録しておけば間違いなし!
高い給料が狙える派遣会社を紹介。護派遣が私生活を充実させる近道!?
今すぐに介護派遣として転職したいならこちら!スピーディーに入職できる派遣会社特集
介護職が初めての方でもOK!経験のない転職者や主婦でも働ける職場が見つかる派遣会社特集
ページ上部に戻る